いつ飲むかなど葉酸の正しい知識の必要性

海外では、10年以上前から葉酸を食品に添加してきましたが、日本国内では胎児の先天性の奇形症が増加している調査結果を突き付けられ、近年になりやっとこの栄養素の重要性を注意喚起する様になった経緯があります。
その為、この栄養素を知らない人やどれだけの量をいつ飲むのか分からない人が大半を占めているのが現状とされ、間違った情報を発信するサイトや無責任な口コミがインターネット上に溢れているので、妊娠を望んでいる女性は特に正しい知識を身につける様に心掛ける必要があります。
服用タイミングは、厚生労働省では妊娠の4週間前?3カ月までは適正量を継続する必要があるとし、食後よりも空腹な食間の服用、日中よりも就寝前の服用がより効果的とされています。
葉酸は、水溶性ビタミンの一種なので調理の過程で流れ出してしまう事が多い上に、非常に熱に対して脆い特徴があり、体内に取り込むまでに有効成分の多くを無駄にしてしまいます。
又、この栄養素は、天然で存在する際にはポリグルタミン酸の状態で存在する事が多く、ポリグルタミン酸は数多くの成分が結合しているポリマーを形成している為、食物に含まれる脂質トリグリセリドと同様に分子量が大きく消化吸収され難く吸収率が50%前後と非常に低い特徴があります。
その為、食事でこの栄養素を適正量摂取する事は非常に難しく、厚生労働省でもサプリメントを飲む事で不足分を補給する対応策を奨励しています。
サプリメントの場合には、より効果を高める為に吸収率の高いモノグルタミン酸を配合していますが、果物やレバーなどの天然の素材から抽出したポリグルタミン酸を分解生成した安全性の高いモノグルタミン酸とコストが安上がりな石油などから化学合成したモノグルタミン酸があります。
化学合成されたモノグルタミン酸は、過敏に反応してしまう胎児や妊婦及び授乳婦が服用した際に肝臓や腎臓に負担がかかり、アレルギー症状や重篤な副作用を発症するリスクが非常に高くなるので服用前に注意する必要があります。

未分類
冷え性による不妊にサプリメント

葉酸は造血のビタミンと呼ばれるなど血液に良い効果を与えてくれます。意識して摂ることで、血液を作り出し …

未分類
妊娠葉酸利用の利点と過剰摂取の危険

2007年度に葉酸のことをどの程度知っているかの調査を行ったところ、医療関係者では91%の人が知って …

未分類
母体や胎児の為に天然由来の葉酸サプリの摂取を

葉酸は、日本政府の対応の遅れにより増加し続けている神経管閉塞症などの胎児の先天性奇形症の発症率を低下 …