母体や胎児の為に天然由来の葉酸サプリの摂取を

葉酸は、日本政府の対応の遅れにより増加し続けている神経管閉塞症などの胎児の先天性奇形症の発症率を低下させる為、出産を希望する女性に対して通常時1日あたり240μgの推奨量に対して、妊婦は更に240μgを付加した1日あたり480μg、授乳婦は100μgを付加した340μgの補給が好ましいとされています。
海外では、主要な食品へのこの栄養素の添加を義務付けた結果、30年前には日本の数倍あった神経管閉塞症の発症率が、現在では数分の1になっています。
近年では、日本国内でも様々な企業からこの栄養素が市販化されていますが、製品によって配合量や原料、添加物の種類、製造方法が大きく異なり、用量や製品によっては副作用を発症するケースもあります。
その為、厚生労働省では、耐用上限量を海外よりも低目の1日あたり1,000μg以下と定めています。
この栄養素の過剰摂取は、母体に対して発熱や蕁麻疹、呼吸障害、歩行困難などのアレルギー症状を引き起こし、胎児に対しては小児ぜんそくの発症リスクを高めるなどの悪影響を及ぼします。
この栄養素をサプリメントで不足分を補う際には、耐用上限量を超え続けない様に配慮する必要があり、ビタミン剤やミネラル剤などと併用服用する際には耐用上限量に注意する必要があります。
又、葉酸には、緑黄色野菜やレバーなどに天然に含まれるポリグルタミン酸とモノグルタミン酸があり、ポリグルタミン酸はポリマーを形成している為に1分子が大きく吸収され難い特徴がある一方で、モノグルタミン酸は大きなポリマーを形成していない為1分子が小さく吸収され易い特徴があります。
その為、サプリメントには吸収率の高いモノグルタミン酸が配合されていますが、天然由来のポリグルタミン酸を抽出しモノグルタミン酸に生成するのはコストがかかるので、石油などから人工的に化学合成されるモノグルタミン酸を有効成分として配合している企業も多くあり、体が全ての面でデリケートになっている妊娠中や授乳中期間に化学合成されたモノグルタミン酸を服用するとアレルギー症状を発症するケースがあります。

未分類
冷え性による不妊にサプリメント

葉酸は造血のビタミンと呼ばれるなど血液に良い効果を与えてくれます。意識して摂ることで、血液を作り出し …

未分類
妊娠葉酸利用の利点と過剰摂取の危険

2007年度に葉酸のことをどの程度知っているかの調査を行ったところ、医療関係者では91%の人が知って …

未分類
葉酸サプリも摂りすぎは危険

葉酸は妊娠中の摂取が奨励されている栄養素で、細胞分裂やDNAの合成などに必要とされている栄養素です。 …