妊娠葉酸利用の利点と過剰摂取の危険

2007年度に葉酸のことをどの程度知っているかの調査を行ったところ、医療関係者では91%の人が知っていましたし、産婦人科関係の人では98%の人が知っていましたが、が、一般の人たちでは、20代〜40代の未婚女性で40%の人が知っているのにとどまり、既婚女性でも知っている人は54%しかいませんでした。
出産経験層でも、今後の出産をする時に、サプリ利用をしたいと言う人は28%で、実際にのんだ人は25%しかいませんでした。
葉酸は、ビタミンBの仲間で、アミノ酸や核酸を合成するときに使われる成分の1種です。
その効果は、悪性貧血の予防や免疫機能の低下をふせいだり、消化器機能異常がおきないようにします。
成人男女のこの物質の1日に必要な摂取量は、200μgと言われています。
妊娠期や妊娠を希望している女性は、推奨量として1日400μg、授乳期は1日300μgと言われています。
その理由は、この物質不足すると、お腹の赤ちゃんに神経管閉鎖障害が発生し、重度の場合は赤ちゃんが死亡したり、無脳症になったりするリスクが高くなるからです。
注意すべき点は、食事から葉酸を取ろうとすると、緑色野菜やレバーに多く含まれますが、天然型であるために、体内での吸収率は50%位になってしまうことと、調理や長期間の保存で参加されて分解されやすいので、食事から摂るのは難しい場合が多いのです。
妊娠葉酸として、厚生労働省が摂取をすすめているのは、酵母など、天然のものから作られた合成型のものです。
合成型野ものには、石油製品からごうせいされたものもありますので、極端にか買うの安いものには特に気をつけましょう。
その点に気をつけて、賢く、サプリを利用するのも一つの良い方法です。
しかしながら、身体にいくらいい物質でも過剰摂取にならないように注意はすべきです。
副作用としては、悪性貧血の予防のためにこの物質と友に使われるビタミンB12の不足を隠してしまう事です。

未分類
冷え性による不妊にサプリメント

葉酸は造血のビタミンと呼ばれるなど血液に良い効果を与えてくれます。意識して摂ることで、血液を作り出し …

未分類
母体や胎児の為に天然由来の葉酸サプリの摂取を

葉酸は、日本政府の対応の遅れにより増加し続けている神経管閉塞症などの胎児の先天性奇形症の発症率を低下 …

未分類
葉酸サプリも摂りすぎは危険

葉酸は妊娠中の摂取が奨励されている栄養素で、細胞分裂やDNAの合成などに必要とされている栄養素です。 …